雑記

【プライム会員必須】Amazonプライムの年会費4,900円を更に安くする方法【裏ワザ】

2021年8月24日

Amazon Prime

今や多くの人が利用しているAmazonプライム。月額500円、年払いにすると4,900円ですね。

しかし、僕はもっと安く利用しています。ちょっとした裏ワザがあって、それを実践すれば固定費を抑えられます!

Amazonプライム会員の年会費を安く節約したい!

そんな方に見ていただきたい記事です。では参りましょう!!

 [temp id=2]

Amazon Mastercardゴールドをゲットして「マイ・ペイすリボ」に登録

結論から言うと、Amazon Mastercardゴールドをゲットして「マイ・ペイすリボ」に登録する!以上です!

と言ってもナニイッテンノコノヒト??だと思うので解説していきます!

Amazon MastercardゴールドにはAmazonプライムが付帯する 

左上のこの〇〇ポイント貯まってましたっていう「もっと早く使っておけばよかったのに」って煽ってくる感じなんなんですかね?(笑)

そんなことは置いておいて、真ん中下あたりのAmazonプライム特典が使い放題の部分です!
下にお客様の追加のご負担なくプライム特典がご利用いただけます。と書かれています。これは

ゴールドカードの年会費払ってれば追加でプライムの年会費払わなくてプライム使っていいよって意味です。

Amazon Mastercardゴールドの年会費は??→11,000円

Amazon Mastercardゴールドの年会費は11,000円です!

はい、皆さん僕のことを詐欺師だと疑いましたね??でもね、ここからがこの記事の本当に読むべきところです。つまり裏ワザの部分になります。

年会費は半額以下まで下げられる! 

ただAmazon Mastercardゴールドを利用しているだけではお得なカードにはなりません。ここからは年会費を4,320円まで下げる方法をご紹介していきます。

それは

  1. 「マイ・ペイすリボ」に登録する 5,400円(税込)引き
  2. Web明細に申し込む 1,080円(税込)引き

この2つです!

「マイ・ペイすリボ」に登録するとは?

そろそろ皆さん「マイ・ペイすリボ」ってなんだよ!って思ってると思います。マイ・ペイすリボとは事前に設定した毎月のお支払い金額を超えたご利用分が自動的にリボ払いになるサービスです。

具体的に説明すると、例えば設定額を5万円に設定して6万円を使用した場合、オーバーした1万円がリボ払いとして翌月以降に引き落としとなるということです。詳しくは公式ページをご覧ください。マイ・ペイすリボとは|クレジットカードの三井住友VISAカード

リボ払いって危ないんじゃない??

リボ払いって危ないんじゃない??もしくは、
はいはい、結局リボ払いにしなきゃいけないのかよって思ったそこのあなた。

安心してください。これは設定額を50万円とか高めにすれば解決できます。そうすると、50万円以内の利用であればリボ払いではない普通のカード引き落としになるのでよっぽど高価な買い物をしなければ、実質一括払いと変わりません。実際に僕も設定額が50万円に設定しています。

Web明細に申し込む

こちらは三井住友カード会員(Amazonカード会員)のためのインターネットサービスVpassから簡単に申し込むことができます!

Amazon Mastercardゴールドは2.5%還元 

Amazon MastercardゴールドはAmazonでの買い物でポイント2.5%還元です!

年会費無料のAmazonクラシックカードでは還元率2%かつプライム会員もつかないため、Amazonゴールドカードにすることをおすすめします!

まとめ:月1回以上Amazonで買い物する人はゴールドカードの方がお得 

この方法を知らない人が多いのでやらない人が多いですが、実際に知って使ってみるとAmazonプライムを安く利用できる上、ポイントも今までより多く貯まるためやらない理由がありませんでした。

マイ・ペイすリボに関しても不安な方が多いようですが、1年半使ってみて特に問題はありませんでした。これを機にAmazonゴールドカードでお得にAmazonプライムを利用してはいかがでしょうか?

おしまい

 [temp id=2]

Amazonで一番のおすすめはミックスナッツ

ばいばい

-雑記